大学の世界展開力強化事業 タイプA:キャンパス・アジア中核拠点形成支援

持続的社会に貢献する化学・材料分野のアジア先端協働教育拠点の形成

ホーム > プログラム概要

プログラム概要

環境・エネルギー問題の解決への貢献が期待されるように、人類にとって喫緊の課題である持続的社会の構築へ向けて、化学・材料分野の科学技術がますます重要となっています。
本プログラムでは、これらの課題克服へ向け、化学・材料分野の教育のアジアにおける中核拠点の形成を目的として、日本(名古屋大学と東北大学)、中国(南京大学、上海交通大学)、韓国(ソウル国立大学校、浦項工科大学校)が参加し、これらアジアの各高水準大学の化学系分野での高い教育ポテンシャルを相互に活用することにより、アジアの相乗的化学教育拠点形成を行います。

参加大学はいずれも総合的な化学分野の研究と教育を強力に推進していることから、三カ国間いずれの大学からも分野間でのスムーズな学生交流が可能であり、特に日本側は有機化学、生物化学・高分子化学、理論化学、中国側は無機材料化学や触媒化学、韓国側は各種ナノマテリアル創製を中心とした分野に強みをもっていることから、互いの得意分野を相乗的に補完して学生の交換を通じた世界的な教育拠点を形成していきます。

本プログラムの具体的取り組み

魅力ある交流制度

交換集中講義(教員派遣)
教員の相互派遣による集中講義 ⇒ 学生は自国でも、相手国の研究や講義を体験
TA・チューター制度(文化交流・人脈構築)
留学生にチューターを配置 ⇒ 円滑な留学生活・学習を支援、学生間の活発な交流
集中セミナー(共同研究教育の萌芽)
特定テーマに関する数日間の集中セミナー(三カ国いずれかのキャンパス)⇒ 学術・技術の最先端の情報交換とディスカッション、受入れ派遣それぞれ20名を予定
アジアサイバーキャンパス(e-learning, e-seminar, テレビ会議, 情報共有)
参加大学間のインターネットホットラインを構築 ⇒ 交換留学に参加できなかった学生もプログラム体験が可能
公開シンポジウム(年2回:交流の促進)
総合公開シンポジウムと専門分野に絞った公開シンポジウムを開催、拠点大学外にも広く公開、他大学からの学生の参加も促す

学生の派遣・受入計画

日本→中国 日本→韓国 中国→日本 韓国→日本
小計 18 18 18 18
36 36
23年度 0 0 0 0
24年度 3 3 3 3
25年度 5 5 5 5
26年度 5 5 5 5
27年度 5 5 5 5

ページ先頭へ戻る